手羽作文

東京在住の手羽先くんが、反省を込めて書くブログ

新参投稿者が、YouTubeで再生数を獲得する方法

 YouTubeは新参者に厳しいプラットフォームなんだ

さて、仕事でYouTubeを使うようになってから、1年半が過ぎました。長かったような、短かったような…。人気YouTuberなんかを見ていると、「こんな適当な内容で金稼げるんだからいいよな〜」と思いがちですが、一握りの人気YouTuberの後ろには、ゴミのような、まさに掃いて捨てるほどの底辺YouTuberたちが蠢いていて、甘い気持ちで参入しても、結局、その一員になるだけだったりします。

 

実際、YouTube始めてみたけれど全然数字が伸びないという悲しい声は後を絶たず、私も、頑張って編集した動画が、夜寝て朝起きて10回再生で止まってたりすると、今でも絶望感に苛まれます。

 

それもそのはず、YouTubeというのは、新参者に非常に厳しい構造になっておりまして、なぜなら、YouTubeの人たちは、動画を見るときに、

あんまり検索してない

からなんですね。

「そんなことない!俺は検索で探すよ!」という方もいるかもしれませんが、そんなあなたは十中八九ライトユーザー。YouTubeを常日頃見ているヘビーユーザーはあまり検索しません。

代わりに、

①チャンネル登録

②関連動画

という2つの機能を使っています。

詳しい説明は長くなってしまうので、今回は省きますが、

「チャンネル登録」は「お気に入り」みたいなもので、関連動画はYouTube見てると、横にずらっと並ぶアレです。

これで大体事が足りるようにYouTubeはできているので、普通の検索エンジンのように、気になるワードを検索するという事はあまりありません。

つまり、新規参入者は、基本的に全く気付かれないのです!

 

そんな新規参入者でも数字を稼げる方法

もちろん、地道に面白い動画を投稿し続け、長い時間をかけてのし上がっていくという方法が王道中の王道なので、これを省くことは厳密には不可能ですが、1つだけ、「検索流入がある程度狙えて、関連動画に食い込みやすくなる方法」というのがあります。

その極意は…!

「流行の歌を使って動画を作る」

これに尽きる!

歌の名前だけは、YouTubeで検索習慣が残っている最後の砦と言っても過言ではないのです!ヘビーもライトも、ユーザーは皆、気になるアーティストの新曲だけは検索で探す、ということが私の1年半の研究によって明らかになっています。さらに、その曲名が含まれる動画はカバー動画なども含めたくさんあるため、それらの「関連動画」に食い込む可能性も大幅にアップするのです!

ちなみに、こちらは、私が以前作った動画です。


『好きな人がいること』/JY 干物オンナver. 歌詞付き 【替え歌】

まさに作ったばかりのチャンネルで、登録者も0人からのスタートでしたが、その際、YouTubeで大流行していたのが、月9主題歌の「好きな人がいること」でした。そこで、こんな替え歌を作ってみたところ、1ヶ月程度で6000回以上の再生回数を稼ぐことに成功。そのほとんどが、同曲のカバー動画の”関連動画からの流入”です。「好きな人がいること」を題材にした動画の中では後発の方でしたが、それでも、チャンネル登録者0人で6000回は夢のような数字なんです。

音楽動画というと、「楽器ができないから」、「歌が歌えないから」という言い訳も聞こえてきそうですが、下手でも何でも、とにかく作ればいいんです。カラオケ音源は無料で配布している人もいるし、この動画で歌っているのは私の歌うま友人です。

大切なのは、「流行りを逃さないこと」。スピード感と集中力です。

YouTubeで流行っている歌はどこで見つければ良いのか?

これも今回の重要なテーマです。YouTube界の流行は完全に若者のブームに左右されており、AKBに支配されているCD売り上げランキングなどは全くアテになりません。月9の「好きな人がいること」も、低視聴率が騒がれていましたが、ところがどっこい、YouTube界では大人気だったんです。そんなYouTubeの流れも、毎日見ていると何となくわかってくるのですが、そんな時間はないという場合は、これしかありません。

「kobasoloさんのチャンネルを見ろ」

これに尽きます。kobasoloさんというのは、YouTubeカバー動画界のスーパースターで、その選曲チョイス、クオリティ、どれをとっても他の追随を許さないYouTubeミュージシャンです。kobasoloさんは定期的に最新J-POPのカバー動画を上げているのですが、その再生回数は、曲によってばらつきがあります。

こちらをご覧ください f:id:kaitensushitaro:20161027203012j:plain

 kobasoloさんのチャンネルの動画一覧の一部です。どれも高い再生回数ですが、明らかに数字の違う歌がありますね。

そう、「好きな人がいること」です

 kobasoloさんがまず先陣を切って市場調査をしてくれていると言っても過言ではないのです。我々はただ、kobasolo先生の導きに従って動画を作りましょう。

ちなみに、今だと星野源の「恋」がトレンドです。でも、もうちょっと遅いですね…。

※ちなみに、カバー動画界ではgoosehouse先生も有名ですが、彼らは古い歌も意図的にカバーすることが多いので、初心者向きではないですね。

この方法の注意点

 とっても素晴らしいこの方法ですが、最後に注意点がいくつか…

①広告はつけないほうが良い

再生回数は伸びますが、使っている曲自体はもちろん作った人の著作物なので、広告をつけると著作権法違反になる可能性が高まります。

②あくまでも、「客寄せパンダ」

人のふんどしで相撲をとっているので、いつかは自分の力で戦わなくてはいけません。kobasoloさんも、カバー動画の傍ら、オリジナル楽曲を発表し続けています。自分のチャンネルに誘導するための「客寄せパンダ」的な動画として使った方が良いでしょう。

 

浅いようで奥が深いYouTube界。再生数の少なさに悩んでいる方は是非試してみてくださいね。