読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

手羽作文

東京在住の手羽先くんが、反省を込めて書くブログ

「君の名は。」に色々文句を言っていたら突然一つの答えが出た話

※この記事はネタバレを含みます。ご了承ください 

今年の邦画はすごいですね

今年の映画はとにかく「シン・ゴジラ」が抜群に面白かったと思う。初めて映画をわざわざ2回観に行った。「シン・ゴジラ」の世界観は私にガッツリはまり、こんな映画を死ぬまでに1本は撮ってみたいものだと思ったのだった。

しかし、今年の邦画最大のヒット作は、その後公開された君の名は。」だった。元々ああいったキラキラ系のアニメにあまり興味のない人間だったのだが、あまりにもヒットしているので無視できなくなり、9月の中旬に観に行った。一番ブームになっていた時だった。

f:id:kaitensushitaro:20161102034253j:plain

君の名は。」を観てみたら…

渋谷の映画館は大盛況で、カップル達が列をなし、私は、そんなカップル達が2つずつ埋めていった席の狭間の、たまたま1つ空いていた席に座り、しっかり君の名は。」を観た。

決してつまらなくはなかった。ストーリーの見せ方がよくできていたと思うし、スクリーンで見る絵はかなり綺麗だった。しかし…

私が最も納得いかなかったのは、

最後に、町の人たちがどうやって避難したのかが全く描かれていないことである。

町長のオヤジの説得を始めてもいない段階で、もう彗星は分裂していたのである。そこから、「奇跡的に町の人がみんな避難しました」「死者は一人もいませんでした」というご都合主義的な展開、そして、それを場面転換で済ます強引さ。

正直、甘く見積もっても逃げ遅れた100人くらいは死んでると思う。あの状況じゃ。

私にはそこが全く受け入れられず、なんだかなあ、と思いながら劇場を後にし、私に「君の名は。」を熱烈に勧めてきた女友達に、長文で映腑に落ちない点をラインで送りまくり、既読無視された。

(既読無視などを平気でするような女がよくもまあ、あんな純情ストーリーに心打たれたものである。その女は遅刻も平気でするし、都合が悪くなると開き直るし、「君の名は。」には1フレームたりとも登場しないようなパーソナリティの人間なのだが、周囲を見る限り、意外とそういう人間にもあの映画は刺さっているようで不可解である。実際、映画館にいたカップルの何組が、浮気をしているのだろう。その一方であの映画を絶賛しているのだ。そんなことを考え始めるともう止まらないし、私の性格の悪さがどんどん染み出してくるのでこの辺にするのだが…)

ついに1つの事実に気づく

とにかく私は避難の様子をちゃんと描いて欲しかったのだ。3年もずれて入れ替わってたのに全く気づかなかったり、彗星の落ちた場所の名前を全然知らなかったり、奥寺先輩がヒロイン的ポジションから陥落した途端にタバコ吸い始めたり、終盤に突然不必要なパンチラをインサートしてきたり、ツッコミどころは色々あるのだが、

最後の避難シーンだけ、ピンチを乗り越えるシーンだけ、とにかくちゃんと描いてくれていれば他のことには目をつぶれたのに…!

と思いながら、延々ラインを送りながら気付いたのは、

そんなに避難シーンが見たいなら、「シン・ゴジラ」を観ればいいじゃん

ということだった。

そうなのだ。「シン・ゴジラ」の4分の1くらいは住民がゴジラから避難しているシーンなのである。(ちなみに、のこりの4分の1はゴジラのシーンで、後の半分はおじさんのアップが延々続く)

君の名は。」は私のような性悪説で現実主義の人間には向いておらず、もっと理想を追い求める高校生カップルのような人に向いているのであって、避難よりもあの男女の心の交流に尺を割いているのだから、どうしても避難シーンが見たいやつは、徹底的に現実を描いたシン・ゴジラ」を観ろよ。

ということなのだ。

こうして私はラインで友達に駄文を送りつけるのをやめ、3回目のシン・ゴジラ」を観に行ったのだった…。