手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

愛とスマイル

某月某日「愛とスマイル」

ファミレスで作業中、「♪愛とスマイル 愛とスマイル~」と連呼する曲が流れていて、聴いている最中は「何だこのダラダラした曲は」と思っていたのだが、1時間後くらいに急激に気になり始め、

ただその時には「愛と何だっけ?」みたいな状態になっていたため、

USENのサイトで検索したり、歌詞検索をかけたりして、何とか、柴咲コウの「愛とスマイル 愛とスマイル」という曲であることを突き止めた。

そのままのタイトルだった。

タイトルの時点で既に連呼していた。

別にシングル曲ではなさそうだし、MV動画もあるわけでもない、2015年の曲なのだが、なぜ今流れていたのだろう。

そして、あのリサーチに費やした1時間の情熱は何だったのだろう。

今では頭の中で、常に「♪愛とスマイル 愛とスマイル~」と流れていて気が狂いそうだ。

 

ここでちょっとだけ聴ける

www.youtube.com

 

某月某日「アウェーの松屋

松屋のカウンターで回鍋肉定食を食べていたら、10人の東南アジア系の旅行客が入ってきて、5人:5人で私の両側を固めてしまった。

私が移動すればどうにかなるというスケール感ではない。

店内は一気に異国情緒で満ち溢れ、近所の松屋はアウェーになった。

私は両側からの圧に耐えきれず、「いっそのこと俺もこの人たちの仲間になれば楽なのに」と思った。

そのあと、「これがオセロの駒の気持ちか」と思った。

 

某月某日「イメージ戦略」 

ベッキー乙武さんの件で、我々は「イメージ良すぎるのもいざという時不利」という教訓を得たと思う。

最近仕事で知り合った人で、めちゃくちゃ爽やかかつ物腰も柔らかいのだが、会議でとある件の進捗状況を尋ねられると「忘れてました!」と平気で言う人がいる。

しかも爽やかに言うのである。

もしかしたら彼の「忘れてました!」は「イメージを良くし過ぎない」ための布石なのかもしれない。

「忘れてました!」のおかげで、彼を単なる「好漢」で片付けられない自分がいる。

底が見えないのである。

最悪、彼にマフィアのボスという裏の顔があってもギリギリ納得できそうな、そんな底の見えなさだ。

ベッキーにもそういう一面があれば、あれだけダメージを受けずに済んだかもしれない。(大きなお世話だと思うが

 

某月某日「カモ飼い」

作業中のカフェで、明らかにマルチ商法のリーダーをやっている人を見た。

一角に陣取り、30分ごとにやってくる参加者(カモ)に、全く同じ説明を繰り返している。

(口癖は「まずは半年頑張ってみよう!」)

1人が去るとすぐ次のカモがやってきて、途切れることがない。

おそらく、カモたちはこの狭いカフェのどこかに控えていて、自分の番が来るまで待っているのだ。

一体このカフェに何羽潜んでいるのだろうか

この店にいる自分以外の全員がカモだったらどうしようなどと考えだして仕事が進まない

 

某月某日「強さについて」

YouTubeのコメント欄でこの書き込みを見て、思わず唸ってしまった。

なるほど、確かにそうかもしれない

f:id:kaitensushitaro:20180616201138j:plain