手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

1億総コメンテーター時代

あの時のツイッター

20113月の大震災の時、私は東京で大学生をやっていたが、混乱の中で何人かの知り合いが、ツイッター上で

「私は〇〇(恋人の名)を愛しています」

と表明していたのを見て驚いた。

ずっと忘れていて、最近ふと思い出したので、ここに書いておく。あの時、東京にいて、ケータイを持っていて、社会人でもなかった限られた世代の者にだけある思い出だ。

当時のアルマゲドン的な雰囲気は、小さな若気の至りを誘発したのだった。

 

楽しい誤植

「弱みを見せると漬け込まれる」

 

楽しい言い間違い

「源泉垂れ流し」

 

現場

ファミレスにて、脱毛サロンの店員らしき女性が、

「農業大学の客が泥だらけで来て参った」という愚痴を話していた。

現場からしか上がってこない話だ。

 

朝ドラ

カフェにて、今時珍しいほどの東北訛りで喋っている若い女性がいて、

上京したてっぽい素朴な雰囲気に、

「朝ドラのヒロインみたい」とテンションが上がったのだが、

内容をよく聞いたら、

アムウェイって稼げるのかなあ?」

としきりに相談しており、既に「夜ドラ」にさしかかっていた。

 

ヤフコメ

Yahooニュースのコメント欄を読むのが好きだ。

ニュース記事自体はおまけと言ってもいいくらいだ。

「1億総コメンテーター時代」を象徴するかのようなコメントの数々に、

むき出しの承認欲求が溢れていてゾクゾクする。

一番ゾクゾクするのは、芸能人の結婚記事に「どうでもいい」「知らないけど、お幸せに」などの皮肉コメントがあるのを見た時だ。