手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

1億総コメンテーター時代

あの時のツイッター

20113月の大震災の時、私は東京で大学生をやっていたが、混乱の中で何人かの知り合いが、ツイッター上で

「私は〇〇(恋人の名)を愛しています」

と表明していたのを見て驚いた。

ずっと忘れていて、最近ふと思い出したので、ここに書いておく。あの時、東京にいて、ケータイを持っていて、社会人でもなかった限られた世代の者にだけある思い出だ。

当時のアルマゲドン的な雰囲気は、小さな若気の至りを誘発したのだった。

 

楽しい誤植

「弱みを見せると漬け込まれる」

 

楽しい言い間違い

「源泉垂れ流し」

 

現場

ファミレスにて、脱毛サロンの店員らしき女性が、

「農業大学の客が泥だらけで来て参った」という愚痴を話していた。

現場からしか上がってこない話だ。

 

朝ドラ

カフェにて、今時珍しいほどの東北訛りで喋っている若い女性がいて、

上京したてっぽい素朴な雰囲気に、

「朝ドラのヒロインみたい」とテンションが上がったのだが、

内容をよく聞いたら、

アムウェイって稼げるのかなあ?」

としきりに相談しており、既に「夜ドラ」にさしかかっていた。

 

ヤフコメ

Yahooニュースのコメント欄を読むのが好きだ。

ニュース記事自体はおまけと言ってもいいくらいだ。

「1億総コメンテーター時代」を象徴するかのようなコメントの数々に、

むき出しの承認欲求が溢れていてゾクゾクする。

一番ゾクゾクするのは、芸能人の結婚記事に「どうでもいい」「知らないけど、お幸せに」などの皮肉コメントがあるのを見た時だ。

盛り上がる外国人

 

略称

WEBニュース記事の見出しで、防犯カメラのことを「防カメ」と略していて驚いた。

略し言葉は、若者などの話し言葉から生まれるイメージがあるが、

字数制限のあるメディアもその一端を担っているのだ。

 

盛り上がる外国人

回転すし屋で、3人組の外国人(A,B,C)が会話していた。

 

A「(外国語で何か質問)?」

B「アサガヤ?」

C「セタガヤ?」

A「ノーノー!

 (得意げに)ハタガヤ!」

B,C「オオ~」

 

幡ヶ谷が何だというのだろう

 

口をつぐむ 

www.youtube.com

アクサダイレクトのこのCMの最後の「ンンンン~♫」という箇所。

何かを言いたいのに口をつぐまされているようにしか聞こえず、

「何も言わないのかよ!」と毎回驚く。

 

あと、「嬉しそうね」というセリフがジワジワくる

 

 

バリアフリー 

街で、電動車椅子で移動しながらスマホを見ている人を見かけた。

「歩きスマホ」ならぬ「車椅子スマホ」である。

ある意味究極のバリアフリーだ。

バニラ高収入

某月某日「バニラ」

www.youtube.com

狂ったように「バイト高収入!」と連呼しているトラックといえば「VANILLA」が有名だが、最近、渋谷で類似のトラックを2つくらい見てしまった。

真似したくなるくらい効果のある手法なのだろうか。

気になるのは「運転手の人たちはどうやって正気を保っているのか?」という点だ

 

某月某日「中毒」

最近、どうも頭がボーッとしてやる気が出ない時、

ミルクレープを食べることで症状が改善するということに気づいた。

「ミルクレープ中毒」なのかもしれない。

 

某月某日「情強」

学生の集団が

「こいつSlackやってるらしいぜ!」

「おいおい情強~ww

と、1人の意識高い学生をイジっていた。

 

某月某日「金持ち」

道で客引きのお兄さんに、酔っ払いが「金ならあるんじゃ~!」と叫んでいた。

漫画みたいな酔っ払いだった。

酔っ払いは、客引きに連れられてどこかへ消えていった。

これから金を失うのだ。

 

某月某日「すね」

すねの骨はなぜあれほど前に張り出しているのだろうか。

あれじゃあ、ぶつかったら痛いに決まっている。

一方、後ろのふくらはぎは肉が余っている。

もっと真ん中に移動することはできないのか、骨よ。

パキスタンの凧揚げ

某月某日「モテる」

「芸人はモテる」とよく言われる。

芸人さんならではのスキルでモテているということもあるだろう。

だが、そもそも単純に「人前に立っているとモテる」のである

自分のことを好きな人が、勝手に寄ってきてくれるからだ。

1000人中990人に嫌われている人でも、残りの10人が寄ってきてくれたらモテモテである

リアルでその人たちを探そうとしたら大変な労力を要する。

 

某月某日「ワーク」

意識高い用語というのは多々あって、自分でも使ったりするし、

その言葉でないと正確にニュアンスが出ないから使う、というのもあると思うのだが、

「ワークする」という言葉は今だに馴染めない。

 

なんか、英単語が簡単なせいか、無理して英語に置き換えてる感がある気がする。

つまり、ルー語っぽいのだ。

「コーヒーをドリンクする」みたいな、ちょっとアホっぽい印象がある。

 

某月某日「夏の昼食」

暑い日に道を歩いていて、とにかく暑いので

昼食には冷たいものを食べようと思い店に入るものの、

料理が届く頃にはすっかり店内の冷房で体が冷えていて、

ブルブル震えながらそれを食べる現象を「冷やし中華の罠」と呼びたい。

 

毎年引っかかっている

 

某月某日「凧揚げ」

x51.org

友人に聞いて今更知ったこの記事…。

凄まじいスピード感で人が死んでいく。

あと、ツッコまずにはいられないが、毒入りの酒は別の事件である。

 

某月某日「エール」

会社員時代、隣の席の同僚が、

『♪無給で頑張る君へエールを〜』と

レオパレスのCMソングの替え歌を歌っていた。

有名な替え歌なのだろうか。

あまりにも切ないし、必要なのはエールではなく給料だ。

中国人のカラオケ大会に参加してみた時のこと

仕事で中国人の方と知り合う機会があり、ちょうど私も中国語の勉強中だったので、中国語の歌を覚えたりとかしていたら、「今度カラオケでも行きましょう」となった。

なるほど、その中国人の方(Aさん)はカラオケが大好きなようである。

私はその時点で、中国の歌は覚えた1曲しか歌えなかったし、中国語はほとんど喋れなかったのだが、Aさんは日本語がペラペラなので、何とかなるだろうと思い、Aさんと、共通の知人の中国人(Bさん)を誘って、カラオケに行くことにした。

そもそも「カラオケに行く」という目的で人と集まるというのは何年ぶりだろうか。

日本人は大体、2次会か何かで、なし崩し的にカラオケに行くイメージだが、中国人は「カラオケ」がメインなのが普通なのかもしれない。もしくはAさんが極端なカラオケ好きかのどっちかだ。

そして当日、私が待ち合わせのカラオケ店に行くと、Aさんは既に到着していて、

「このあと、私の会社の元同僚と元上司と学生時代のゼミの友達と、Bさんの友達以上恋人未満の人が来ます」

と言った。

 私は驚愕した。知らぬ間に初対面の中国人4人の参戦が決定していたのである。

f:id:kaitensushitaro:20161030031222j:plain

続きを読む