手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

SPEED

SPEED

SPEEDの曲を、Spotifyで何年かぶりに聞いている。

「遠いXmas Eve  永遠を誓ったKiss

 あの日くれたチョーカー 今も胸で光っています」

当時中学生だったSPEEDは、なぜこんな大人びた曲を歌っていたのだろう。

当時小学生だった私はチョーカーを知らずに「ジョーカー」だと勘違いして、

クリスマスにみんなでババ抜きをやっているのかな、と思っていた。

 

マリカー

渋谷を走るマリカーのゴーカートには、

車体のそこら中に、耳なし芳一レベルで「任天堂は無関係」と書かれている。

むしろ任天堂とすごい関係ありそうだ。

行きすぎると、意味合いが逆になる。

 

 

役立たず

銭湯で、「頭上注意」の看板が頭上にあった。

この看板のようにはなりたくない、と思った。

 

料理の温度

30歳になって、味はともかく「料理が冷めている」ということに耐えられなくなってきた。

今までは味も温度も関係なく、バクバク食べていたのだ。

人生の食べ盛りはもう終わったのだということに、気づいた。

 

食欲

30歳になって、「食欲をそそる」という表現を理解できるようになった。

食欲が減退してきたために、そそられる余地が発生したのだ。

今までは、「別にそそられなくても元からありますけど?」という感じだった。

今はもう、「そそっていただけるなら有り難いです」というスタンスだ。

 

乗車体験

「私ね、免停直前なんですよ」

と自慢げに語るタクシー運転手に遭遇した。

こんなに緊張感のある乗車体験、なかなかない。

 

自由律俳句

ピザを頼んでも一人