手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

贅肉があるうちは腹が減らないようなシステムにしてほしい

某月某日「大学生」

中学生の頃、隣のクラスの女の子が大学生と付き合っているという情報が回った時、皆で口々に「〇〇ちゃんすごいね」「大人だね」と言い合っていたが、

今になって思えば、その大学生が変態なだけである。

 

某月某日「風呂の法則」

朝起きて、メールの返信など、少し仕事をし、気が向いたときに風呂に入る。すると、そういう時に限って携帯に着信がある。電話の案件というのは大抵ややこしいし、億劫でも一発で出たほうがいいのだが、なぜか出られない時に限ってかかってくる。

これは「マーフィーの法則」というやつだと思うが、私は個人的に「風呂の法則」と呼んでいる。

しかし、ここまで考えてみて、「もしかしたら順番が逆で、むしろ私の第6感が、電話のかかってきそうな気配を察知して、私を風呂に行かせているのかもしれない」と思った。私の無意識下に「なるべく電話に出たくない。先送りにしたい」という強い気持ちがあり、それが私を操って風呂に向かわせているのだ。可能性はある。

シックス・センス2」として映画化してもいいくらいだ。

 

某月某日「休日」

夕方までゴロゴロし、夕方から久々に始めた戦国無双の難しいミッションを始めてしまい、そのまま6時間挑戦し続け、気づけば深夜3時。既に大阪城を20回以上落城させている。全部落としきるまでに10分かからないという早業。家康だって散々耐え忍ぶ人生送ってきて最後がこれじゃ納得いかないだろう。

休日が必要なのは重々承知しているが、こんな休日でいいのか。

 

某月某日「ミルクスプレー」

珍事件メモ

rocketnews24.com

 

outlaw.blog.jp

www.scienceplus2ch.com

 

 

 

 

広告を非表示にする