手羽作文

備忘録と反省文を兼ねて書くブログ

任天堂・岩田聡さんの名言

某月某日「加齢」

この間、歩きながら中島みゆき「ファイト」を聴いていて、不意に涙ぐんでしまった。大して気分が沈んでいたわけでもないのに、である。多分、歳をとったということなんだろう。

それにしても、階段で子供を突き飛ばす女のくだり、何回聞いても超怖い

 

某月某日「加齢②」

最近、下半身が寒いので、下半身用のヒートテックを買った。先日、親と話している時にふとそのことを言ったら、「あんた、歳とったね…」としみじみ言われた。

普通、子が親に言うセリフである

 

某月某日「アスリートのCM」

ロバートの「アスリートのためのCM講習会」のコント、本当に面白い。

こういう、「まだ認知されていないあるある」を発掘するのは、本当にセンスだし、見習わないといけない。しかも、「アスリートは演技が下手だ」とストレートにいうのではなく、「わざとそうしている」という体にしたところが秀逸である。

 

某月某日「張り切りすぎ」

MacのOSをアップグレードしてから、文章を打つと勝手に予測して変換するようになったのだが、これが本当に不要で困る。さっきから「逃げろ」という文章の「げろ」だけを打ち直そうとしているのだが、何回打っても勝手に「ゲロ」に変換するため、結局3度手間になっている。「げろ」をノーモーションで「ゲロ」に変えることに、何の意味があるのだろうか。こっちは別にそこの手間を惜しんだ覚えはないのである。

いらんことして怒られるヤツは人間にもいるが、ついにAIも「ダメ人間」くらいの位置には到達したということなのかもしれない。

 

某月某日「任天堂

任天堂の元社長、岩田聡さんの名言で、

「我々は声が大きくてゲームをいっぱい買ってくれる人の姿をつい見てしまう。そこに合わせたモノづくりをどんどんした結果、ゲームをやる人が減っているのではないか」

というものがあるのを知った。まさにその通り。映画も同じだなあ。

 

某月某日「マラリア

友人から聞いた話。

彼の同僚がアフリカに出張に行ったところ、マラリアにかかってしまった。地獄の苦しみだったというが、詳しい病名を聞いたら「トロピカル・マラリア」だったという。

思いのほか、楽しそうなマラリアだった。

 

某月某日「紅白」

韓国の音楽はなぜ世界で人気を得ることができるのか?

それは国内市場が小さいので、元々国外での展開を視野に入れているからだという。日本はなまじ国内市場で売れれば食ってはいけるため、ガラパゴス化しやすい。良くも悪くも、エンタメ界全体がそうだ。

紅白にTWICEが出ている。

日本のアーティストには、大晦日に海外のテレビ番組に出るという発想があるだろうか?しかもアメリカとかでもなくて、アジアの隣国である。TWICEは英語だけでなく日本語も当たり前のように喋る。覚悟が違うな、と思う。

日本のアーティストが中国の年越し番組に出るようなものだろうか。

近い将来、そうなるかもしれない。

 

余談だが、「TT」のサビで「気づかないフリ、やめてやめて」という歌詞の部分のメロディ、すごい変だと思う。変ゆえに頭に残るのだが、残ったところで変なものは変だ。